ささき矯正歯科日記

大田区蒲田駅前にある、小児から大人まで歯並び治療専門の、矯正歯科医院のブログです。

東京都大田区蒲田駅前にあるささき矯正歯科のブログ

日本矯正歯科学会 専門医 取得しました

大田区蒲田のささき矯正歯科院長・佐々木が、日本矯正歯科学会の専門医を取得しました。

数年にわたり、審査症例の準備を行ってまいりましたが、一次審査、二次審査ともに合格し、昨年の日本矯正歯科学会大会での最終審査を経て、資格証が届きました。

日本矯正歯科学会 専門医資格証 専門医審査会場の前の院長佐々木
(日本矯正歯科学会 専門医資格証と、審査会場の前の院長佐々木)

日本矯正歯科学会は、昭和元年(1926年)に設立された、歴史も由緒もある学会です。
認定医の資格を得るには、学会指定研修機関において5年以上矯正歯科研修を修了し、 学術刊行物に矯正歯科臨床に関する報告を発表したものなどの基準を満たした上で、症例審査に臨まなければならず、それはそれで厳しいのです。
が、専門医はまずこの認定医であることが大前提で、学会の定めた10種類の課題症例を自分で治療し、審査に合格しなければなりません。また、10年以上の治療経験が必要です。

佐々木先生、どうもお疲れ様でした。ささき矯正歯科の歯科医師は、4名全て認定医を取得していますが、10年経って課題症例として提出できる自分の症例が出来るよう、日々の診療のレベルアップをはかって頑張りたいと思います。(文責:小川)



プロペルによる微小骨穿孔術(MOPs)

ささき矯正歯科の杉野です。先日、PROPEL(プロペル)という新しい器材の講習会に行って参りました。

渡辺先生 プロペル受講中
(写真は、講師の渡辺矯正歯科の渡辺和也先生)

内容は、プロペルと呼ばれるドリルを用いて、歯槽骨(歯を支えている骨)に小さな穴を開けること(微小骨穿孔:MOPs)によって、その周囲の骨代謝を活性化するというものです。

矯正治療を早める治療法は、今までは、コルチコトミーと呼ばれる歯槽骨の皮質骨を削除する方法や、コルティシジョンのように特殊なメスを利用して歯槽骨に切開(骨折)を加えるなどの方法が行われてきました。しかし、これらの手技では歯茎や骨への外科的侵襲が大きく、腫れや痛みなど患者さんへの負担も大きいものでした。

そこでもっと侵襲が少なく、簡便な方法として考えられたのが、今回研鑽してきた、微小骨穿孔術(MOPs)という方法です。少量の麻酔下で行うことができ、歯肉に直接穿孔することで傷も小さく、処置時間も短縮、処置後すぐに帰宅することができます。

矯正治療による歯の移動は、歯に矯正力が加わることにより、歯の周囲組織に炎症が生じ、骨の吸収や増生を行なう細胞の働きによって生じますが、この骨に外科的な侵襲を加えることによって、骨の吸収や増生を行う細胞を活性化する物質が多く出現し、歯の移動速度が速まる現象が起こることが期待できます。
この現象を利用したものが、プロペルによる微小骨穿孔術(MOPs)なのです。

プロペル模型

しかしながら、まだ学術的、科学的根拠(エビデンス)が得られておりません。

講習会で紹介された症例からも、効果の期待できる治療方法だと考えられますが、効果につきましては、今後またご報告できたらと考えております。
やっと薬事法の認可もおりましたので、今後積極的に導入してゆきたいと考えていますので、興味のある方は、いつでもご相談下さい。

※ MOP:Micro-Osteoperforations

院内LANで、上顎前突,下顎前突,叢生,目立たない矯正装置などの説明が容易に!

大田区蒲田のささき矯正歯科に、念願の院内LANが構築されました!
ご相談用のユニットにはタッチパネルのパソコン、その他の各ユニットには1台ずつタブレットが設置されました。

「上顎前突」「下顎前突」「叢生」「目立たない矯正装置」などのご説明用の見本や、患者様のレントゲン写真や口腔内写真などが、チェアサイドでモニターで見られるようになりました。これで、皆様へ今までよりもわかりやすく、治療のご説明ができるようになったかと思います。 (^^)

大田区蒲田ささき矯正歯科 院内LAN 大田区蒲田ささき矯正歯科 院内LAN

施行して下さったのは、(株)ネットワーク応用技術研究所さんです。担当の富永さんが、わざわざ福岡市から、東京まで泊まりがけで来て下さいました。

何故九州の会社にお願いしたのか、不思議に思われますでしょうか?
杉野先生の同級生の九州工業大学の塚本准教授からご紹介頂いたのですが、ただそれだけではなく、こちらの希望を親身になって色々と相談にのって下さり、予算に合わせて素晴らしいシステムのご提案を頂いたので、最終的にこちらの会社にお任せすることにしました。(ホームページはこちら。http://www.nalab.jp/

医院の休診日を利用して、診療の終わった12月11日夜から12日丸1日かけて、セッティングして頂きました。富永さん、ずっと立ち会った杉野先生、お二人とも、どうもお疲れさでした。お陰様で十分満足できる素晴らしいシステムが構築されました。

院内LANは、医院を移転した時に組む予定だったのですが、延び延びになって、やっと完成!
写真は、スタッフに使い方を説明する、院長佐々木です。患者の皆様が次に来院された時には、タブレットでご説明できるかと思います。お楽しみに〜。

大田区蒲田の矯正歯科の院長ささき、院内LANの説明中

歯が生えてこない?歯並び・咬み合わせが気になったとき(公開講座)

今月開催される、「第73回日本日本矯正歯科学会 大会」に、スタッフ一同参加して参ります。そのため、10/20(月)〜22(水)まで臨時休診いたします。
患者の皆様にはご迷惑をおかけしますが、研鑽に励んで参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、この日本矯正歯科学会大会では、一般の皆様も参加できる催し「市民公開講座」が企画されています。今年は、「歯が生えてこない?」と「どうしますか?歯並び・咬み合わせが気になったとき」と題する講演があります。

市民公開講座

会場では、歯並び相談コーナーも設けられる予定ですので、気になる方は、この機会にご参加されてみてはいかがでしょうか。

歯が生えてくる年齢になっても、歯がはえてこない場合は、単なる萌出遅延なら良いのですが、先天性欠如歯(歯の数が足りない)や、埋伏歯(埋まったままになっている)の可能性があります。早期に発見して適切に処理する必要がありますので、いつまでも歯が生えてこない場合は、かかりつけの歯科医院で一度診てもらった方が良いでしょう。

また、お子様の歯並びが気になった時も、やはり早めに一度診てもらった方が良いでしょう。もちろん矯正治療は、何才になってからでも大人になってからでも始められるのですが、舌の癖や口呼吸などの悪習癖を改善したり、咬み合わせを整えるだけで、大きくなってからの不正咬合の発現を予防できることもあります。

今回の市民公開講座では、きっと、そんなお話が聞けることと思いますが、もし、いつまでも歯が生えてこなかったり、歯並びがおかしいと気づいた時は、ご相談下さい。ささき矯正歯科は、ご相談は無料です。
第73回日本日本矯正歯科学会大会「市民公開講座」

日時:2014年10月19日(日) 13:00〜16:00
会場:松戸市民劇場
入場料:無料
お問合せ先: 日本大学松戸歯学部歯科矯正学講座
   〒271-8587 千葉県松戸市栄町西 2-870-1
   TEL:047-360-9413 FAX:047-360-9412

歯科衛生士休職による壮行会と、求人募集のお知らせ

大田区蒲田駅前から徒歩1分の「ささき矯正歯科」では、歯科衛生士を求人募集中です。
長らく勤務していた林衛生士が、ご主人と共にミャンマーに行くことになり、休職することになったためです。

矯正歯科の経験は問いませんので、興味ある方は、Tel:03-5744-5222 院長 佐々木まで、御連絡下さい。(病院旅行で海外旅行も行けます!)

さて、その林衛生士の、送別会ならぬ壮行会が開かれましたので、その様子をレポしちゃいましょう。

お店は、まず最初に、川崎日航ホテルの中の居酒屋「うおや一丁」さん。美味しい魚介で、たらふく飲んで食べて腹ごしらえをした後、川崎の「ダーツバーBEE」さんへ。しかも、VIP個室を貸し切り!

お店に入ると、まず「Welcome ささき様」と書かれたウエルカムボードで向かい入れられ、ビールで乾杯後は、ダーツで盛り上がり、Dr.杉野は、ロシアンたこ焼きで2回も、大当たり〜〜。

ささき矯正歯科へのウエルカムボード ダーツで盛り上がるささき矯正歯科のスタッフ

ダーツで勝ったチームに、院長より景品として商品券が配られるとあって、皆、真剣。ダーツ自体、初めての人もいたのですが、ビギナーズラックなのかどうか、そこそこ良い成績が出ました。

「すてきな笑顔はきれいな歯並びから」をモットーに、歯並びの改善と、素敵な笑顔に努めているささき矯正歯の面々ですが、素敵な笑顔というより、大口開けた爆笑の渦。

そんな宴もたけなわの中、林衛生士に、サプライズプレゼントとして、記念品と花束贈呈が行われました。

花束贈呈

記念品は、なんと「HIROMI HAYASHI From Sasaki Orthodontics Office」と刻印されたiPad!! さらに、「5年間有り難うございました。ミャンマーでの生活は大変かと思いますが、きっと上手くこなせるでしょう。頑張って早く帰って来て下さい」と、院長からメッセージカードが読み上げられると、思わず一同、 うるうる。(T_T)

記念品のiPad 「From Sasaki Orthodontics Office」と刻印されたiPad

そう、日本に戻って来たら、またささき矯正歯科で一緒に仕事しようね。また一緒に、素敵な笑顔でいい仕事が出来るといいね。小児歯科での経験がある林衛生士のおかげで、スタッフ一同、筋機能訓練(MFT)のスキルも上がり、セミナーを受講した時も、よく理解できました。大切な仲間でした。

その後、ミャンマーに旅立った林さんから、写真が送られてきました。身体に気をつけて、新しい生活を楽しんで下さいね。

<シュエダゴン>
ミャンマー国民の宝とも言えるお寺だそうです。幻想的ですね。

シュエダゴン シュエダゴン

<雨季の洗礼>
乾季は、40℃位なのに、停電でエアコンが使えなかったり、タクシーのエアコンが壊れていたりなどするので、涼しい雨季は、過ごしやすいのだそうです。

ミャンマーの雨季
 
<街角スナップ>
街で見つけたちょっと怖いミッキーとか、クロックスならぬケロックスとか…。(^^;)

街角にて「ミッキー」 街角にて「ケロックス」

ささき矯正歯科日記(ブログ)

ホームページへ

無料メール相談へ

ささき矯正歯科フェイスブック

Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
訪問者数

  • ライブドアブログ