ささき矯正歯科日記

大田区蒲田駅前にある、小児から大人まで歯並び治療専門の、矯正歯科医院のブログです。

東京都大田区蒲田駅前にあるささき矯正歯科のブログ

消費税増税に伴う、歯列矯正治療費について

平成26年4月1日より、消費税が5%から8%に、増税となります。また、平成27年10月1日以降は、10%になることが予定されています。
ささき矯正歯科では、それに伴い、矯正治療費を内税から外税表示と致しました。

当院の場合、平成26年4月1日以前に矯正治療を開始すれば、5%の税率で、分割支払いが可能です。しかし、矯正治療の流れは、相談→検査→診断→治療スタートとなるので、時間差が生じてしまいます。3月中に治療を始めたい方は、ご相談下さいませ。

矯正治療費は、いくらに変わるのですか?

以下のようになります。実際に治療を行った日の税率が摘要されます。
治療費を前払いでお支払い頂いたとしても、実際に治療を行った日と異なる場合は、税の差額が発生いたします。

相談料   無料
検査診断料   診断を行った日の税率
矯正基本料 矯正技術料 矯正装置をセットした日の税率
矯正装置料
保定装置料   保定装置をセットした日の税率
矯正管理料 処置料 来院されて処置・観察を行った日の税率
観察料

ささき矯正歯科における消費税増税に伴う矯正治療費

現在、分割で支払っているのですが、料金は上がるのでしょうか?

実際に治療を行った日が平成26年4月1日以前の方が、分割でお支払い頂いている場合は、分割でも消費税5%のままで料金は変わりません。

【例】平成25年3月1日に矯正治療を開始し、矯正基本料の請求を分割で支払っているが、平成26年6月に保定装置に切り替わる予定の場合

分割でお支払い頂いている料金は、平成26年4月以降も税率5%のままで変わりません。しかし、4月以後は、矯正管理料(処置料)と保定装置料は、税率8%となります。

第72回日本矯正歯科学会大会で松本市へ

2013年10月7日〜9日、長野県松本市で開催された第72回日本矯正歯科学会大会に、ささき矯正歯科ドクター一同、参加してきました。

矯正歯科の学会の中では一番規模の大きな学会で、臨床のみならず基礎研究の講演や発表もあるため、研究室の先生、開業医の先生、技工士さんや歯科衛生士さん、大学院の学生達までもが、全国から大集合します。そのため、アクセスの便利な大都市で開催されることが多いのですが、久々に地方都市で開催されました。
昨年は症例発表を行ったのですが、今年は演題を出していないので、ちょっとした旅行気分で現地へ。

第72回日本矯正歯科学会大会に参加(院長とDr.杉野) 第72回日本矯正歯科学会大会に参加(Dr.荒木とDr.小川)

まず初日の生涯研修セミナーは、「発達障害と矯正歯科治療」というテーマで、自閉症、アスペルガー症候群等の広汎性発達障害(PDD)、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(AD/HD)の方への接し方等について、学びました。普段接する機会がそう多くはありませんので、今後、このような症状を持つ方が来院された際には、十分な配慮を払おうと思います。

続くサテライトセミナーは、「歯根吸収」「機能的矯正装置」についてでした。
歯根吸収は、生化学的な基礎研究のお話が中心でしたが、矯正治療のリスクを少しでも減らすために、発症機序、サイトカインや抗体等の関連因子についてのさらなる研究が、待ち望まれます。
また、第1期治療に用いる機能的矯正装置は、当院でもよく使用しておりますが、EBMのみならず、NBMを中心としたお話が聞け、参考になりました。やっぱり、症例の選択が大切ですね。

※補足説明:
EBM:Evidence-based Medicine エビデンス・ベイスト・メディスン、根拠に基づいた医療。
NBM:Narrative-based medicine、ナラティブ・ベイスト・メディスン、経験に基づく医療。

翌日からは、数多くの演題、シンポジウム、セミナーや講演の予定が目白押しで、語りきれないので、以下、何が興味深かったか、ドクターそれぞれに聞いてみましょう。

院長佐々木:
ランチョンセミナー、井上裕子先生の「子供達の健全な歯と顎の成長発育のために」。既に著書を読んでいたので、日常生活における歯科的指導の留意点など、理解が深まった。

杉野:
同じくランチョンセミナー、嶋 浩人先生の「描画ソフトウエアで矯正臨床をマネージしよう」。矯正臨床では、治療前後のレントゲン(セファロ)等の重ね合わせのような画像処理を行う機会が多いが、今回、イラストレーターというソフトで、書類から院内ポスターまで全部処理されていて、非常に参考になった。(ちなみに、杉野先生は、パワーポイントの名手? です(^^;)。)

荒木:
数年前に業者のブースのくじ引きで「iPad」を当てたので、今年も1等の「ルンバ」を狙っていたが、あっさり外れて残念賞のスポンジを頂いた。(と、さすが主婦、最初から掃除機を狙っていたとは!)  業者のブースでで試した、補助的清掃用具オーソピックオパールピック等が、ワイヤーが入っている方でも細かい所が磨きやすそうで、導入を検討したい。また、症例展示では、多くの先生方の治療症例が見られ、大変刺激を受けた。

小川:
シンポジウム「歯科矯正用アンカースクリュー(TAD)の臨床における応用と注意」。矯正用インプラントは、この一般名称で昨年やっと薬事承認されたのだが、色々と確認できて良かった。

松本城
ホテルは松本駅近くを予約したのですが、荒木先生だけは、お子様を連れて温泉に泊まり、ちょっとした家族旅行を楽しまれたようです。日本矯正歯科学会大会は、託児所も用意されているので、お子様連れも可能なのですね。働く母親に優しい学会です (^^)。
長くなったので、旅行記はまた後日。

マルチループワイヤーと矯正用インプラントのセミナー受講

2013年9月8日に、杉野先生が矯正のセミナーに参加して来ましたので、そのレポートです。


大田区蒲田駅前のささき矯正歯科の杉野です。

今日は10時〜17時まで、矯正のセミナーに参加しました。テーマは「MEAWと呼ばれるマルチループワイヤーと矯正用インプラントを組み合わせた矯正治療」で、講師は熊本で専門開業されている池上富雄先生でした。

昨年に矯正用インプラントアンカーが薬事法で認可されてから、当院でも利用することが多くなりました。インプラントアンカーを用いた矯正治療は、従来の矯正治療に比べ、期間も短縮でき、何より患者さんにかかる負担も軽減できるので、これからの矯正治療もますます進歩していくのではないかと考えられます。

インプラントアンカーに加え、マルチループについても勉強したいと考えていたので、今回のセミナーは、自分にとって面白く、たいへん有益でした。セミナーで学んだ事をこれからの臨床の場においても、どんどん活用していきたいと思います。(杉野)

杉野先生が矯正セミナーに参加1 杉野先生が矯正セミナーに参加3 杉野先生が矯正セミナーに参加2

講師として、矯正治療の診断実習を担当してきました

大田区蒲田駅前のささき矯正歯科院長・佐々木です。
今年も日本歯科大学の非常勤講師を拝命いたしました。
そのため、先日、あるうららかな春の日、日本歯科大学新潟生命歯学部に出張してまいりました。

日本歯科大学新潟生命歯学部歯学部の学生の矯正学実習を担当してきたのです。
学生達は、講義で学んだことを、臨床に生かすべく、実技の実習を行って、だんだん一人前になっていくのです。

今回は、模型やレントゲン等の検査資料から、矯正診断を行いました。
矯正治療においては、初診時の診断は非常に重要です。ささき矯正歯科でも、治療開始前に必ず「診断結果報告」のための、ご予約の時間を設けています。

日本歯科大学新潟生命歯学部キャンパス私が学生だった時は、歯学部は女子学生の方が少なかったのですが、今は半々くらい。(羨ましい?! (^^;))
女性の社会進出が進んでいるのですね。

うまく診断が立てられず、悩んでいる学生さんに指導してきたのですが、理解できたかな〜。

歯医者さんの卵たちと接してくると、色々と気づくこともありました。
指導することは、自分の勉強にもなります。
帰りの新幹線の中で一杯やりながら、日々の臨床にこの経験を生かしてゆけたら等と、つらつらと色々思いを馳せつつ、帰路につきました。

新潟駅 ブロンコ

<写真:上から>
1. 日本歯科大学新潟生命歯学部入り口。
2. 大学キャンパスの中庭。松の間を吹き抜ける風が、心地良い。
3. 新潟駅南口
4. 駅南口近くにあるステーキレストラン・ブロンコ。(ここのコーンが沢山入ったサラダが絶品で、ハンバーグもお勧めなのですが、今回は時間がなくて行けなかった。残念!)

(佐々木)

→ホームへ http://www.sasaki-kyousei.net/
                http://www.sasaki-kyousei.com/

確定申告で 矯正治療の医療費控除も 電子申告e-TAXで可能です

今年、平成25年の確定申告は、2月18日(月)〜3月15日(金)です。
矯正治療でかかった金額も、もちろん医療費控除の対象になります。
電子申告も可能ですが、長くなるので、電子申告については下部に記載しておきます。

kakuteishinkoku-1矯正治療の医療費控除については、過去の、このブログと医院のホームページの記事を参照になさって下さい。

矯正治療費は医療費控除の対象です(2012年02月06日の記事)
医療費控除で、矯正治療が安くなる?(平成20年時での計算例)


具体的な申告のやり方は、国税庁の特設ページをご覧下さい。
国税庁:平成24年分 確定申告特集


歯の治療費がどこまで、医療費控除として認められるかは、以下に書いてあります。
(美容整形目的の成人の矯正治療は、医療費控除の対象にはなりませんので、ささき矯正歯科では、診断書も発行しております。必要な方は、お申し出下さい。)
国税庁:医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例



医療費控除の確定申告は、電子申告e-Taxも可能で、ご自宅のパソコンから申告出来ます。
が、電子申告が初めての場合は、事前に準備が必要で、HPを読んでもわかりにくい… (-'`- ;)。

電子申告ではなく、インターネット上で申告書を作成して郵送する方が簡単です。混雑している窓口に行かなくても良いので、楽ちんです。

郵送と電子申告と、2つの方法を上げておきます。

e-TAX

【インターネットで申告書を作り、書面で提出するやり方】

1)国税庁:平成24年分 確定申告特集から、印刷して郵送等で提出(書面提出)を選びます。

2)指示されるままに記入してゆき、最後にプリントアウトをして、管轄の税務署へ、領収書と共に郵送。数字を入力すると、自動で計算してくれて便利。

領収書を手元に残しておきたい場合

申告書を送る際、「医療費の領収書等の返戻を希望する旨の書面、および切手を貼った返信用封筒」を必ず同封すること!(税務署での保存期間は、1年。)
(以上、国税庁Q&A、Q22の(18)より)

◆インターネットで申告書を作る際の、医療費控除の入力方法
国税庁:申告書の作成方法 → 医療費控除の入力編のpdf

◆インターネットを使わない場合の、医療費控除の明細書の書式
国税庁:明細書・計算明細書等 → 医療費の明細書のpdf

◆エクセル方式もあります。インターネットで申告書を作る際に、読み込ませることもできるようです。
平成24年分確定申告書等作成コーナー左サイドバー→ 医療費集計フォーム



【電子申告のやり方】
ーe-TAXの事前準備ー

1)前もって市役所等へ
 ・住民基本台帳カード(略して住基カード)に電子証明書を発行してもらいます。

2)ICカードリーダーを購入します。(値段は2000〜3000円程度)
 ・住基カードが使える機種を選んで下さい。その後、ドライバーもインストール。

◆Amazonへのリンク:カードリーダー

◆詳しくは:公的個人認証サービス対応ICカードリーダライタ普及促進協議会


3)以下から、ソフトウエアをインストール
 ・ルート証明書等のソフトも幾つかインストールします。
 ・パソコンのOSや、ブラウザ等のスペックを確認してからインストールして下さいね。

◆国税庁:e-TAXをご利用になる場合の準備等


4)ブラウザの設定
 ・ActiveXを使用可能になっているか、ポップアップブロックが解除されているか確認。
 ・そうなっていない場合は、ブラウザの設定を変更する。

5)ここまで来てやっと、申告開始!長い道のりでした。 \(^o^)/

◆平成24年分確定申告書等作成コーナーhttps://www.keisan.nta.go.jp/h24/ta_top.htm


電子申告の場合は、医療費の領収書を送る必要はありません。(5年間保存)
この他、還付処理がスピーディーに行われるなどのメリットもあるようです。
◆国税庁:e-Taxならこんなにいいこと



以上、長々書きましたが、平成25年の医療費控除の確定申告のやり方を、上げました。
参考になさって頂けたらと思います。


→ホームへ http://www.sasaki-kyousei.net/
                http://www.sasaki-kyousei.com/

ささき矯正歯科日記(ブログ)

ホームページへ

無料メール相談へ

ささき矯正歯科フェイスブック

Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
訪問者数

  • ライブドアブログ