ささき矯正歯科日記

大田区蒲田駅前にある、小児から大人まで歯並び治療専門の、矯正歯科医院のブログです。

東京都大田区蒲田駅前にあるささき矯正歯科のブログ

八重歯ガール?付け八重歯?

最近、八重歯ガールが流行っているらしい。それも、もともと綺麗な歯に、わざわざ付け八重歯をするんだそうだ。もちろん、矯正治療で悪い歯並びにして八重歯を作リ出すこともできるわけだけど、うーん?????
矯正専門医としては、意味不明。よくわからーん!なんで?!

まず、改めて、八重歯とは。
専門的には、犬歯低位唇側転位と言い、歯列弓から歯肉側外側にはみ出してしまった犬歯の事を言います。顎の大きさに対して、相対的に歯が大きく、歯が生えるスペースが足りないために生じる事が多くあります。

また、前歯、小臼歯、大臼歯とも2本ずつあるのに対し、犬歯は、1本しか存在せず歯根も一番長いため、咬み合わせ上、キーとなるとても重要な歯となっています。(※注:智歯を含めると大臼歯は3本あることも。)

ところが、八重歯の場合は咬み合わせに関与していないので、見た目だけではなく、咬み合わせ上も非常によろしくないのです。ゆえに、健康上の理由からも、八重歯は矯正治療を行った方が良いのです。
八重歯の矯正治療(ささき矯正歯科)

八重歯の矯正治療は、あくまでも「歯を正しい位置まで動かして」治す治療ですが、もうひとつ、八重歯を抜いてブリッジにしたり、歯並びの悪い部分を全て削ってセラミック等を装着したりして、歯並びを治す方法(審美歯科)があります。矯正治療に時間をかけられなかったりする、芸能人がよく行う方法です。
しかし、「健康」という観点からは、いかがでしょうか?

もちろん矯正治療を行う場合でも、1本しかない犬歯のかわりに小臼歯を抜歯する事はよくありますが、数多くの歯を動かすことによって正しい咬み合わせを作ることができますし、健全な歯を削ることはありません。
反して、審美歯科では、八重歯部分に限局した治療のため、お口の中全体の咬み合わせは改善できませんし、健全な歯を削るというリスクや、ブリッジの場合は人工歯が入ります。

「健康と歯の長寿」を考えれば、矯正治療の方が秀でていることは明らかです。

矯正治療でネックとなるのは、やはり装置の見た目と治療期間でしょうか。
装置の見た目は、今はかなり改善されて目立たなくなってきています。が、骨の中で歯根を動かしてゆく治療ですから、骨や歯根に負担がかかることを避けるために、わずかずつ時間をかけて動かさざるを得ないのです。でも、長い一生に鑑みれば、ほんの数年のことでしょう。
目立たないセラミックブラケット(ささき矯正歯科)舌側矯正リンガルブラケット(ささき矯正歯科)

しかし、もし、あなたに八重歯があっても、そのことで卑屈になったり、コンプレックスを感じたりする必要はありません。八重歯であろうとなかろうと、あなたは十分チャーミングで、あなたの人生はキラキラ輝いているのですから。
もちろん、八重歯を含めて、悪い歯並びは、健康上の理由からも治した方が良いのですが、国民皆保険の恩恵から外れておりますので、難しいところです。

と、書き綴ってきたところで、あらためて。

なのに、なんで、付け八重歯?????
なんで、わざわざ不健康な状態に???
黒目を大きく見せるカラーコンタクトや、まつ毛のエクステ、ピアスみたいなイメージ???

と考えていたら、こんな記事を見つけました。
日本人が八重歯を好む理由
なるほど、美意識の文化論としては面白いかも。

私たちは医療を提供しています。もし八重歯にして欲しいという患者様が来院されたら、断固拒否します。それは医療ではありません。
私たちはあくまでも、健康美・機能美を追求していきたいと考えています。
(文責:小川)

→ホームへ http://www.sasaki-kyousei.net/
                http://www.sasaki-kyousei.com/

矯正治療費は医療費控除の対象です

確定申告のシーズンになりました! 今年、平成24年は、2月16日(木)〜3月15日(木)までが所得税の申告期間です。
ささき矯正歯科のある、大田区の蒲田税務署では、この間、駐車場が使えませんとありました。混雑するからでしょうか。
矯正治療費は、医療費控除の対象となりますので、以下、少しご説明いたしますね。

ささき矯正歯科からの医療費控除についてのお知らせ


【医療費控除とは】

医療費控除というのは、医療費が多くかかった年に、その医療費の負担を少しでも軽くするために、かかった医療費の一部を税金から控除することです。

病気や怪我をすると、病院にかかりますね。ちょっとした風邪くらいならたいした金額はかかりませんが、重い病気や怪我などで年間にかかる医療費が10万円を超える場合があります。そういうときに、医療費の控除が受けられます。

矯正治療も「医療行為」ですので、控除の対象となります。


【自己負担金10万円超過分に適応】

医療費控除の対象は、確定申告時の前年の1月から12月に支払った医療費です。医療費のうち自己負担金(医療費が保険金などで補てんされた場合は差し引きます)が10万円を超えた部分について適用となります。

控除の対象になるのは、確定申告本人にかかった医療費だけではありません。家族の医療費も対象となります。
対象となる家族は、例えば、お父様が申告をする場合、お父様自身の医療費はもちろん、同居している家族であれば、妻、子供、両親等の医療費も控除対象となります。

その家族に所得があってもお父様が確定申告をすれば医療費控除を受けることができます。
また、共働きの夫婦の場合はどちらか所得の多い(所得税の高い)方が家族の医療費をまとめて申告しましよう。


【医療費の支払いは単年度にまとめると有利】

たとえ一連の治療であっても、支払った年が違うと申告する年も分かれてしまい、単年度ごとに10万円の控除(足きり)があるため、戻ってくる税金はトータルで少なくなってしまいます。

なるべく単年度で支払うように工夫した方がお得です。


【交通費も控除対象になります】

通院の場合の電車・バス代も医療費控除の対象となります。
確定申告書の医療費の明細に「片道金額×乗車回数」を記載してください。

ただし、交通費の対象となるのは公共の交通機関です。


【領収書は大切に保管】

確定申告時に医療費控除に関する事項を記載し、医療費の領収書を添付する必要があります。領収書を失くした場合、控除を受けることができません。

ささき矯正歯科では特別な場合を除き領収書の再発行は行っておりませんので、領収書は大切に保管をお願いします。


【診断書の必要性について】

子供の矯正であれば診断書がない場合でも、控除を受けられますが、成人の方は認められない場合もあります。必要な方は、お申し出下さい。


【過去5年間は有効です】

還付のための申告は過去五年間有効なので、申告し忘れた方も、必要な書類がそろっていれば修正申告を受けることができます。


【計算例】

例えば、矯正治療に仮に80万円かかったとすると、約21万円、税金が戻ります。
(課税所得額が350万円(税率は30%)の方の場合)
具体的な計算方法については、ささき矯正歯科のホームページ(最新情報サイト)をご覧下さい。


→ホームへ http://www.sasaki-kyousei.net/
                http://www.sasaki-kyousei.com/

ささき矯正歯科、INVUなど雑誌の取材を受ける

先日、院長佐々木が、雑誌の取材を受けました。
記者の方が来られ、写真を撮って頂き、セラミックの矯正装置についてインタビューを受けました。

ささき矯正歯科では、インビザライン、アライナー、ポジショナー矯正などワイヤーレス矯正もやっておりますが、一般的な矯正装置でも、デーモン、リンガル(舌側矯正)、インビュー(INVU)、セルフリゲーション、セラミック、その他各種ブラケットを取り扱っております。
今回は、審美的なブラケット(見た目の良い矯正用の金具)というテーマで色々と質問を受けたため、主にiNVUについてお話しました。
うーん、どんな記事に仕上がるんだろう、ドキドキ、わくわく…。

しばらくして、完成した雑誌が送られてきましたが、さすが記者さん!とりとめもない院長佐々木のおしゃべりを上手にまとめて下さっているじゃありませんか。しかも、巻頭記事!

えっ、院長佐々木の写真映り?実際よりイケメン?? (*^ω^*)
はてさて、それは見てのお楽しみ。待合室に雑誌は置いてありますよー。

ささき矯正歯科がINVUについて取材された雑誌

→ホームへ http://www.sasaki-kyousei.net/
                http://www.sasaki-kyousei.com/

日本矯正歯科学会 at 名古屋

お待たせしました! ささき矯正歯科「日本矯正歯科学会 at 名古屋」レポです 。

例年、何かしら発表や展示など行っているのですが、今回は誰も発表ナシなので、気楽〜。
今年は通常よりも会期が1日長かったため、長らくの休診、申し訳ありませんでした。 m(_ _)m

第70回日本矯正歯科学会大会
(第70回記念大会です。日本の矯正治療の歴史を感じます。)

まず、初日のセミナーは、遺伝子解析の研究結果をふまえた口唇裂、口蓋裂等の「遺伝性疾患」についてでした。難しい内容ばかりではなく、患者様の不安を取り除くのためにどのように説明したら良いのか等、明日の臨床にすぐ役立ちそうなお話も!
また、「1期治療の意義を再考する」というテーマのセミナ−では、1期治療の効果についてのリサーチ等、なかなか興味深かったです。(補足:矯正治療は、混合歯列期と永久歯列期と、1期、2期とそれぞれ分けて治療を行う事が一般的。)

IMG_1115シンポジウムは、「インターディシプリナリー トリートメントにおける矯正歯科治療」「マルチブラケット治療法の今と未来」「MFT(筋機能療法、舌の癖のトレーニング法)」などについて。
インプラントや審美歯科で有名な山崎長郎先生の包括的歯科診療についてや、筒井照子先生の態癖(体の使い方の癖)についてのお話、各テクニック(治療法)のスペシャリストの先生方のご講演など、面白く拝聴しました。
また、「MFT」の会場は、歯科衛生士さんの姿も数多く見受けられ、MFTに力を入れているささき矯正歯科としても、耳をダンボにして聞いて参りましたよ〜。(写真:名古屋国際会議場の中庭にある騎馬像。)

さらに、矯正歯科の講演だけではありません。今回は、中部大学教授、武田邦彦先生の原発問題に関するタイムリーなご講演や、スタッフセミナーでは、なんとメイクアップアーティストのかづきれいこ先生も登場されました!(って、小川や荒木が、即、メイク美人になれるとは限りませんけど(^^;)。)
日本歯科矯正器材協議会企画のTPP問題と医療保険制度などについてのお話も、まさに時事ネタ、面白かったです。
IMG_1116 IMG_1119 IMG_1106
(初日は夕方からだったので会場近くの熱田神宮に参拝したり、夜はTV塔見たり、手羽先食べたり…。研鑽に励みつつ、プチ観光してリフレッシュして帰ってきました!)

IMG_1118-2

(文責:小川)
→ホームへ http://www.sasaki-kyousei.net/
                http://www.sasaki-kyousei.com/

日本矯正歯科学会 大会と臨時休診のお知らせ

来週、名古屋で行われる「第70回日本矯正歯科学会 大会」に、スタッフ一同参加して参ります。
そのため、10/17(月)〜20(木)まで臨時休診いたします。
第4土曜•日曜は定休日のため、結果として、10/17日(月)〜23(日)まで休診となります。
患者の皆様には、大変申し訳ございませんが、研鑽に励み、知見を深めて参りますので、どうぞご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

この日本矯正歯科学会大会は、日本全国から矯正を専門とする歯科医師達が大集合して、発表、セミナー、講演、諮問などが行われます。また、歯科医師のみならず、歯科衛生士や歯科技工士の方々の発表・講演や、新製品紹介などの業者展示ブースもある、とても大きな学会です。
これ以外の学会にも、もちろん我々は数々参加してはいるのですが、ささき矯正歯科のドクター全員が行き、医院を休診するのは、一年に一度、日本矯正歯科学会だけです。

このくらい規模の大きな学会ですので、市民公開講座と称して、一般の皆様が参加できる催しも企画されております。
市民公開講座2011
(ポスター 表面裏面

来年の71回日本矯正歯科学会大会は、2012年9月26日(水)〜9月28日(金)に盛岡で開催されます。来年の市民公開講座の詳細はまだ未定ですが、お近くの方は、ぜひ足をお運びになってみて下さいね。

※オマケ:昨年の学会では、Dr.荒木が業者の抽選会でiPadを当てました!抽選会がある事を知らず、参加すら出来なかった小川、今年こそはと意気込んでいたら、今回はどうやら抽選会は開催されないみたいです… (/_;) (文責:小川)

→ホームへ http://www.sasaki-kyousei.net/
                http://www.sasaki-kyousei.com/

ささき矯正歯科日記(ブログ)

ホームページへ

無料メール相談へ

ささき矯正歯科フェイスブック

Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
訪問者数

  • ライブドアブログ