2006年6月11日、院長が富山で発表しているその日、小川は北海道矯正歯科学会@札幌に出席して参りました。折りしもその日は、ヨサコイソーランの最終日!観光に行きたい気持ちをぐっとこらえて、会場へ。東京は既にエアコン、ガンガン入っているというのに、さすが北海道! さ、寒い〜〜。

特別講演は、昭和大学の槇教授と北海道大学の森田教授がご発表されました。近年、歯科用CTが開発され三次元での顎骨の立体構築が可能になったのですが、槇教授はそんな最新のトピックスを交えたご講演。ちょっとわかりにくいでしょうか、要するに平面で見るレントゲン写真が、立体になり、それがコンピューター処理することによってあらゆる角度から見ることが出来るようになったというものです。(こんな感じという例→メーカー日立メディコへのリンク。)まだまだ高額の装置ですが、診断が簡素化されるように将来早く普及するといいなあ。

と、将来を夢見る前に今実行できること。森田教授は予防歯科、疫学研究の立場から我々臨床医とは違う見地からご講演なされました。その中で、"欧米人は砂糖食っても虫歯が少ない"(*注:教授はこんな下品な言葉は使われませんでしたが(^^;))というお話が興味をひきました。理由はフッ素を使用しているから。日本ではフッ素を用いる事に反対される方々もいらっしゃるので考え方は一様ではありませんが、フッ素塗布やフッ素入りの歯磨き粉は、虫歯予防には明らかに効果があります。当院でも、最初に装置を入れた患者様には、歯ブラシとフッ素入りの歯磨き粉を差し上げております。せっかく歯並びを綺麗にしても、虫歯になっては台無しですもの。
フッ素入り歯磨き粉Dr池田と共に 
[写真左:当院で使っているフッ素入り歯磨き粉、右:会場で時々当院に患者様をご紹介して下さる旭川の池田先生とお会いできました] (小川)