6月14日(金)、院長佐々木が幹事を務めさせて頂いた、日本・台湾合同国際勉強会が、蒲田で催されました。その前の週は新潟で学会発表を行い研鑽してきたばかりなので、勉強熱心な?我々ささき矯正歯科の一同です(^^;)。今回は、「台湾のインプラントの現状」と題して、台湾からわざわざ諸先生方にお出で頂きました。今回の発表はインプラントとや歯周オペに関する内容なので、私たち矯正専門医にとって日々の臨床とは直接結びつかない内容なのですが、審美歯科や歯周補綴などの最新の事情をチェックしておくことは分野が違っても、矯正治療の質を深めるためには必要です。

ご講演御発表して頂きました曽 育弘医師(國際口腔植體學會(I.C.O.I)2006年第24届世界年會大會主席)の他、廖 敏熒 医師(現任台湾種植學會理事長)、呉 建徳 医師(長島牙醫診所院長、中山校友會會誌木綿主編)、許 榮庭 医師(極品牙醫診所院長)を始め、十数人ほどの著名な先生達にお集まり頂きました。

 

お土産交換発表は英語だったのですが、素晴らしいスライドやわかりやすい語り口により、エーゴが苦手な小川でも、何とか大体の内容は理解することが出来ました(^^;)。 手術手技は大胆で緻密、歯周病で骨を喪失したところに、骨を移植し歯周組織を再生し、最後に素晴らしいスマイルに変貌してゆく台湾の患者さんたち。いやいや、日本の歯科医師も負けてはいられませんぞよ! 最後に、感謝状贈呈とお土産交換が行われました。日本からは院長佐々木が選んだ、何と東国原知事で有名になった宮崎の「地鶏の炭火焼」!が贈られました。

台日懇親会勉強会の後は、庶民のジャパニーズスタイルを楽しんで頂こうと“居酒屋!“で懇親会が催され、、片言の英語や中国語や日本語やジェスチャーで、交流を深めました。台湾の先生たちと交流できるような機会はなかなかありませんので、非常に貴重な体験でした。幹事だった院長佐々木が台湾の先生たちを連れて、どこで何時まで国際交流を深めていたのかは謎です…。最後に、色々コーディーネートして頂きました陳先生、大変お世話になり有難うございました。(小川)