早い物で、ささき矯正歯科が移転してから1ヵ月が経ちました。院長室に山積になっていた、すぐに使わない物を詰め込んでいたダンボールも何とか片付き、落ち着いてパソコンに向かえるようになった今日この頃。9月に書き溜めていた学会レポートをやっとアップできます。(^^;)
↓↓

パネル9月19日から21日までの3日間、第66回日本矯正歯科学会・発表のために大阪に行って参りました。
院長・佐々木と小川は、『可徹式透明樹脂製矯正装置の改良法』と題して、日本歯科大学新潟生命歯学部矯正学講座の寺田員人教授、吉田満先生、および清水美奈子先生、宮井敏先生、深川淳平先生らと一緒に、昨年今春発表した装置をさらに改良したものについて、発表してきました。可撤式透明樹脂製矯正装置とは、ペットボトルのような透明なプラスチック樹脂で出来た装置のことで、アクアシステムやクリアライナー、エシックス等に代表される装置のことです。(装置の写真装置をはめた写真。)

思えば去年は、学会発表用パネルの入った長ーーーい筒を忍者よろしく担いで飛行機に乗り込み、札幌に向かったものでした。が、今年は清水先生が大阪までパネルを運んで下さる事になったので、手ぶらv。1年経つのは本当に早い!そんな訳で今回は貴重品搬送のミッションがなかったため、我々ささき矯正歯科ドクター3名はそれぞれ、飛行機やら新幹線やらでゆるゆる大阪に向かいました。平日昼間に蒲田の診療室にいないのも、ちょっと変な気分だなぁと思いつつ…。

「美育 口と顔の科学」が今回の学会のテーマであったため、市民公開講座では、「横顔を見てみよう 気付かなかった美を探る」「よい歯並びと笑顔が育む健康美」と題したお話がありました。この市民公開講座では毎年、一般の市民の方々に向けたわかりやすいお話や、無料の歯並び相談などが行なわれます。どなたでも自由に参加できますので、お近くにお住まいの方は是非一度、足を運ばれると良いですよ(^^)。ちなみに来年の学会は千葉県で行なわれる予定とのこと。

今年もまたドクター向けの興味深い講演やセミナー、新製品紹介など数多くあったため、我々は、大阪国際会議場の広い会場内を迷いながらあちらこちら移動し、目まぐるしい3日間を過ごしました。また、それぞれ、大学病院勤務時代の同僚や、先輩・後輩達とも再会し、懐かしく近況を語り合う一方、日々頑張っている姿を見て、強い刺激を受けてきました。

9月は医院引越しと重ったため休診日が多くなってしまい、患者の皆様には大変御迷惑をおかけいたしました。今回の旅で、学び、得てきた物を、今後の日々の診療に生かすべく頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します!(松久、小川)

宮井先生と一緒にパチリ演者一同<写真:発表パネルの前で>

お好み焼き♪大阪の夜やねん!<写真:大阪の夜を満喫!>

※2008年1月28日追記:
今年の学会は、9月16日より3日間、幕張メッセで行なわれることになりましたが、市民公開講座の会場はまだ発表されていません。興味のある方、もう少しお待ち下さいませ。