ささき矯正歯科日記

大田区蒲田駅前にある、小児から大人まで歯並び治療専門の、矯正歯科医院のブログです。

院長

東京都大田区蒲田駅前にあるささき矯正歯科のブログ

講師として、矯正治療の診断実習を担当してきました

大田区蒲田駅前のささき矯正歯科院長・佐々木です。
今年も日本歯科大学の非常勤講師を拝命いたしました。
そのため、先日、あるうららかな春の日、日本歯科大学新潟生命歯学部に出張してまいりました。

日本歯科大学新潟生命歯学部歯学部の学生の矯正学実習を担当してきたのです。
学生達は、講義で学んだことを、臨床に生かすべく、実技の実習を行って、だんだん一人前になっていくのです。

今回は、模型やレントゲン等の検査資料から、矯正診断を行いました。
矯正治療においては、初診時の診断は非常に重要です。ささき矯正歯科でも、治療開始前に必ず「診断結果報告」のための、ご予約の時間を設けています。

日本歯科大学新潟生命歯学部キャンパス私が学生だった時は、歯学部は女子学生の方が少なかったのですが、今は半々くらい。(羨ましい?! (^^;))
女性の社会進出が進んでいるのですね。

うまく診断が立てられず、悩んでいる学生さんに指導してきたのですが、理解できたかな〜。

歯医者さんの卵たちと接してくると、色々と気づくこともありました。
指導することは、自分の勉強にもなります。
帰りの新幹線の中で一杯やりながら、日々の臨床にこの経験を生かしてゆけたら等と、つらつらと色々思いを馳せつつ、帰路につきました。

新潟駅 ブロンコ

<写真:上から>
1. 日本歯科大学新潟生命歯学部入り口。
2. 大学キャンパスの中庭。松の間を吹き抜ける風が、心地良い。
3. 新潟駅南口
4. 駅南口近くにあるステーキレストラン・ブロンコ。(ここのコーンが沢山入ったサラダが絶品で、ハンバーグもお勧めなのですが、今回は時間がなくて行けなかった。残念!)

(佐々木)

→ホームへ http://www.sasaki-kyousei.net/
                http://www.sasaki-kyousei.com/

ささき矯正歯科、INVUなど雑誌の取材を受ける

先日、院長佐々木が、雑誌の取材を受けました。
記者の方が来られ、写真を撮って頂き、セラミックの矯正装置についてインタビューを受けました。

ささき矯正歯科では、インビザライン、アライナー、ポジショナー矯正などワイヤーレス矯正もやっておりますが、一般的な矯正装置でも、デーモン、リンガル(舌側矯正)、インビュー(INVU)、セルフリゲーション、セラミック、その他各種ブラケットを取り扱っております。
今回は、審美的なブラケット(見た目の良い矯正用の金具)というテーマで色々と質問を受けたため、主にiNVUについてお話しました。
うーん、どんな記事に仕上がるんだろう、ドキドキ、わくわく…。

しばらくして、完成した雑誌が送られてきましたが、さすが記者さん!とりとめもない院長佐々木のおしゃべりを上手にまとめて下さっているじゃありませんか。しかも、巻頭記事!

えっ、院長佐々木の写真映り?実際よりイケメン?? (*^ω^*)
はてさて、それは見てのお楽しみ。待合室に雑誌は置いてありますよー。

ささき矯正歯科がINVUについて取材された雑誌

→ホームへ http://www.sasaki-kyousei.net/
                http://www.sasaki-kyousei.com/

院長佐々木が、特別取材を受けました

医者ここ病院・医院検索サイト「医者ここ」の特集記事の、記念すべき第1回目を、院長・佐々木が表紙を飾りました。

今を先立つこと数週間前、「医者ここ」のライターさんとカメラマンさんが、ささき矯正歯科を訪問して下さいました。

もともと佐々木は話好きということもあって、取材は数時間も! が、さすがプロのライターさん、佐々木の取りとめもないおしゃべりを上手に紙面にまとめて下さいました(^^)。

同じ様な装置なのに、治療費がなぜ人によって違うのか、いつ矯正を始めたら良いのか、矯正相談には何歳ころ行けば良いのか、保険のきく矯正治療はどのような治療なのか、など、皆様が常日頃、疑問をもたれるような事項について、佐々木が熱く語っています(^^;)。

さらに、舌の癖などがあると、歯並びは悪くなるという、ちょっと「エッ」と思うような事実についての説明も。

むふふふふ。。。

ここでは多くを語りますまい。続きは、医者ここ特別取材「教えて!お医者さん」から読んでみて下さいね。

PS) さすが、プロのカメラマンさん、実物よりイイオトコに撮れていると、スタッフの間では評判でしたが、本人はそんなことはないと言っています
(小川)

院長佐々木、矯正学講座の非常勤講師に就任

皆様、こんにちは。
春分も過ぎ、すっかり春めいてまいりました。通勤途中にある桜の木も、蕾がちらほらほころび始めました。

そして院長佐々木も、この春より、日本歯科大学新潟生命歯学部 歯科矯正学講座の非常勤講師の辞令を拝することとなりました。4月1日より、時々新潟に出向き、学生の講義や実習を受け持つことになります。
かねてより佐々木は、東邦大学医学部附属大森病院 歯科口腔外科の非常勤講師を務めさせて頂いておりましたが、今後はさらに日本歯科大学の矯正学講座の非常勤講師との兼任になります。

従って、佐々木は月に何回か出張で不在になりますが、その分小川と松久は気をひきしめて、診療をしっかり行ないたいと思います。

以下、院長佐々木からのメッセージです。

『皆様、新潟は僕が生まれ育ったところでもあり、海も山も近くにあり、四季のはっきりしたとても素敵な街です。ワインも日本酒もビールも地元に藏が沢山あり、お米やお魚以外にも、美味しい物が沢山あります。今回新潟に定期的に行くことになりましたので、そんなお店を、少しずつでも皆様にご紹介できたら楽しいかな、などと考えています。

で、まず真っ先に思い浮かんだのが、新潟駅から徒歩10分のところにある「ブロンコ」というハンバーグ屋さん!学生の時から通っていますから、もうかれこれ30年くらい、新潟に行くと必ず立ち寄っているお店です。
ハンバーグも安くてボリュームがあって美味しいのですが、オススメはサラダ!コーンやキュウリやトマト等が小さく刻んであって、ブロンコならでは。

あー、考えているうちに食べたくなってきた(^^;)。4月に新潟に行く時、お店にもし立ち寄る時間がありましたら、写真を撮ってきますので、請う御期待を!』

ブロンコの情報:http://www.week.co.jp/reference/gourmet/00011079a.html

ということですので、院長の食べ歩き日記、楽しみに待ってますね♪。
(小川)

院長の趣味・その2 【旅のススメ】

皆様、こんにちは。早いもので、もう5月!ここのブログも随分長い間、更新していなかったですね(^^;)。

ここ最近、色々と忙しくしておりました。新しい衛生士が入ったり、各種セミナー受講(リンガル、デーモン、クリアライナー、咬合学など)、また、保険改定に伴うもろもろ準備など、バタバタしているうちに、あっという間にもうゴールデンウイーク! この辺のお話はまた機会があれば、お話しすることにしまして、皆様はどの様な連休をお過ごしでしたでしょうか?私は新潟県の実家に帰省して親孝行?してきました。子供の学校や私の仕事でなかなか長いお休みをとれない私ですが、少しでも休日があればよく子供達を連れて旅行します。そしてリフレッシュして帰ってくるのです!今回は、そんな旅好きの私の、旅のマル秘テクニック?をご紹介したいと思います(^^;)。

さて、皆様は旅行を考えた時、どのようにして場所や日程を決め、予約を入れるでしょう?

旅でリフレッシュ♪【場所】:
目的や季節で考える訳ですが、例えば、ただ温泉でゆっくり疲れを取りたいことを目的にしているのであれば、旅行はむしろ空いている時期料金の安い事を重視します。もちろん松葉ガニを食べたいのに夏に旅行を計画は出来ませんし、富良野でラベンダーを見たいのであれば自ずと時期も決まってきますが…。私の場合は、旅行に行ける日にちが限られているので、時期、日程から決定していきます。

【日程】:
例えば、2泊3日で沖縄に行くとしましょう。同じ飛行機の往復で同じホテルに泊まった場合でも、出発日によって随分料金が違ってきます。ある旅行社のパッケージツアーの例ですが、土曜日出発だと、旅行代金は一人当たり¥110,800円、しかし木曜日出発だと、なんと¥50,800円と約半額になるのです!

私の場合、休診日の絡みで安い時期の旅がなかなか難しい(;_;)。長期の休みとなると、お盆休み、ゴールデンウィーク、お正月になってしまい、費用が割高となってしまいます。そこで、後でお話しする「予約の取り方」が非常に重要となってくるのです。

【予約の取り方】:
先に出発日について書きましたが、それ以外にも、どのようなルートで予約を取るのかによっても旅行代金はかなり違ってきます! 同じ日に同じ所へ旅行して同じホテルに泊まったとしても、 出発日はもちろん、どこの旅行会社を使うか、パックで取るのか、また、交通手段宿(ホテル)などを検討することが、コストパフォーマンス的に重要です。また、インターネットが利用できればさらに便利です。

旅は楽し♪例えば、北九州に1泊2日で行くとしましょう。ある時期の例ですが、JAL羽田―北九州の片道の正規運賃は¥32,700円。これを往復割引で取ると 片道が¥29,550円、さらに28日前までに予約をする先得割引で購入すると¥13,200円になるのです。現在、日本航空、全日空共に、各種チケットの割引制度が導入されていますので是非利用したいところです。

次にパック旅行で考えてみましょう。パック旅行の方が、個人で航空券や宿泊の手配をするよりも、安くなる場合が殆どです。上記の北九州で考えると、現地ホテル、たとえばリーガロイヤル小倉を滞在ホテルとして選ぶと¥43,700円〜¥53,700円(JTBマイプラン)となります。

いずれにしてもあらかじめ日程が決まっている場合ならば、「パソコン」の前でキーボードを叩くだけで良いのです

せっかくの休みの日ですから天気予報などと相談して直前に行き先を決めるような時もあります。そんな時の宿泊探しには、インターネットの宿泊予約 Tocoo!が活躍してくれるでしょう。これは、旅館やホテルにもし空室がある場合は、その直前3日前くらい前から割引をします。50%オフなんていう物も沢山あります。曜日によるので、もし平日に旅行ができる方にはオススメです。

また、航空会社の「マイレージ」サービスを積極的に利用することです。普段から飛行機なんて乗らないし、マイレージなんて関係ないなんて思っている人はいらっしゃいませんか。実は、飛行機に乗らなくても旅行に行かなくても、航空会社の提携クレジットカードでマイルをためることが出来るのです! カードで生活費の支払いをしてマイルを貯めれば、海外旅行は難しくとも、片道の航空券ぐらいは手に入ります。

旅でリラックス♪【私の本音】:
だらだらと私の意見を書いてきましたが、トータルで今一番のオススメは、やはりJTBの様な大手の旅行会社です。旅の計画や予約をする上での、時間的、労力的、手間暇を考えた時、自分の希望をちゃんと伝えれば、一番希望にかなうように旅行を作ってくれます。色々な所で予約をしてきましたが、やっぱりこれが、一番楽で良いです。とってもお得ということはありませんが、支払った料金に対しては、いい旅行が出来ると思います。

あ〜〜〜ゆっくり旅行にでも行きたいなァ〜〜〜   (佐々木)

 

人生をすてきな笑顔で過ごすために

デンタルナビから取材を受けた内容と重複しますが、実はブログを書くノルマがあって、院長の分まだですかぁ〜と、スタッフにハッパをかけられていたりします…(^_^;)。

さて、人生をすてきな笑顔で過ごすために、希望する皆様には、ぜひ矯正治療を受けていただきたいと考えています。

歯並びのきれいな人は、そのすてきな笑顔から、周りの人たちに良い印象を与えるだけでなく、自分自身にも自信が持て毎日の生活を心豊かな物にする事でしょう。 また現代欧米社会においては、口元は、その美しい歯並びから知性や教養、その人の育ちなど、その人自身のイメージを感じる大切な部分とも言われています。

 矯正治療とは、歯並びやかみ合わせの悪い部分を自分の歯を少しずつ動かす事により、きれいな歯並びとかみ合わせを作り、お口の機能を正常にし、美しい口元、顔貌を作り出す治療です。しかし、現在ではごく一部の方を除き、健康保険は使えません。また、治療開始してから歯の移動を終了した後も、後戻りしないように注意深く観察してゆく事が必要で、全部含めますと、長ーーい期間が必要です。この金額と期間が矯正治療を考えてゆく上でのまず最初の関門となり、矯正治療に躊躇してしまわれる方も多いことでしょう。

がっっ、でもでもですよ!考え方を変えれば、たとえば一生の間に何回美容室に行き、どのくらいの時間を費やすでしょう?! また総額の料金は、いくらかかるでしょう?! 1年間で6回、5万円、10時間としても、それが10年なら.....30年なら.....?! (*_*;)。

もちろん快適な生活のために必要な事なので、それはそれで良いと思いますけれど、矯正治療にも、是非ぜひその価値を感じて欲しいのです!! 実際、ささき矯正歯科のスタッフ、受付福田も鎌形衛生士もDr.小川も、矯正治療経験者です。(今度体験談を語ってもらいましょうv。)

 『すてきな笑顔は、きれいな歯並びから』 
ささき矯正歯科のキャッチフレーズです。
人生をすてきな笑顔で過ごすために、矯正治療は大変にすばらしいことですので、ぜひ希望する皆様には治療を受けていただきたいのですが、治療は、患者様とドクター、スタッフが協力しあいながら進めていく物です。一度始めましたなら一定の期間もかかりますし、料金もかかります。また自分の大切な体ですので、車を買い換えるような訳にも行きません。治療開始にあたりましては、十分な説明を受け、よく考えて納得されてから、ぜひ矯正治療を開始してください。

ご来院をお待ちしております(^^)。(佐々木)
セラミックブラケット/ささき矯正歯科

院長の趣味・その1 【熱帯魚のススメ】

水槽熱帯魚
 ささき矯正歯科の待合室に、熱帯魚の水槽(120cm)がある事をご存じでしょうか?  カージナルテトラ、グリーンネオンテトラなど、100匹以上います。また、水槽をいい状態に保つためのお掃除魚として、プレコ、コリドラス、ヤマトヌマエビを入れています。これらは皆、喧嘩しない穏やかな性格の熱帯魚たちです。熱帯魚の世話は私の役目なので水槽のお掃除は大変ですが(^^;)、訪れて下さった方々に楽しんで頂ければなあと思っています。

私は、海や山に恵まれた新潟県で生まれ育ったせいか nature(自然)が大好きで、nature に関連する趣味は沢山あるのですが、「熱帯魚」もその一つです。

もしこれから熱帯魚を飼い始めたい人がおられましたら、私のお勧めは、ニッソーのスティングレー60です!(ホームセンターなどで水槽、濾過槽、ポンプ、ヒーター、蛍光灯などすべてセットで13,000〜15,000円くらいで売っています)。横幅が60センチの水槽ですが、前面には曲面ガラスが使われているのでふちが無くきれいに見えます。また上部ろ過で濾過槽も大きく、水替えの手間が少なくてすみます。小さな水槽はまめに水替えをしないと魚がかわいそうですし、濾過槽なしのものではもっと大変です。

水槽を購入するとすぐに色々な魚を入れたくなりますが、最初に水を作るといくらカルキを抜いているとしてもあまりよい水でなく、せっかくの魚を死なせてしまいます。まずは安い魚を少しだけにして、2〜3週間以上大丈夫でしたなら本格的に魚選びをすると良いと思います。

また購入する魚も魚同士の愛称のようなものがあります。気性の荒いシクリッドの仲間は、一番強いオスだけがきれいな色になりますし、ベタのオスは、1匹ですと穏やかですが2匹でしたらどちらかが死ぬまで戦います。また水質も極端にきれいでないと弱る種類や、比較的こなれた水のほうを好むものもいます。まずは、ペットショップで聞いてみるとよいでしょう。

負担なくうまく飼うコツは、大きな水槽にあまり数を入れないことです。最初は、嬉しくて色々な魚を沢山入れてしまいがちですが、多ければ多いほど水質維持のために手間をかけてあげなければいけません。最初は頑張れますが、だんだん面倒になってきます(^^;)。少なければ清掃の間隔をあけても大丈夫です。

皆さんも熱帯魚を飼ってみては、いかがですか。 (佐々木)

ささき矯正歯科日記(ブログ)

ホームページへ

無料メール相談へ

ささき矯正歯科フェイスブック

Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
訪問者数

  • ライブドアブログ